おいしい諸行

すべては無常

【スポンサーリンク】

音楽業界のシステムってだいたい一歩遅れてると思うんだよね。

チケットの件

気持ちはわかるけど、システムを変えれば解決する話じゃね?購入者認証とかアプリとかでやれるでしょ?

 

いろんなライブに行くけど、特定のライブに関してはチケット入手が困難だったりするのはわかる。転売ヤーがそれで稼いでいてどこの誰とも知らない人のせいで無駄なお金が動いているってのもわかる。でもそれができちゃうシステムになってるのはもう仕方ないじゃん。別に某キャンプができる前には、某オクがあったわけだし、その前は会場周辺でダミ声のおっさんがダフってたわけでしょ?もう悪しきだけど受け入れてる慣習になってるじゃん。

それなのに、ここにきて正義感だけで良心に期待してそういうのは反対ですって言われても、ただの見せかけのコメントにしか見えないよ。正論だとしてもね。解決できないじゃん。

 

だいたいCCCDくらいの頃から、音楽業界の媒体とかのハード面ってだいたいテクノロジーへの対応が後手後手なんだよね。youtubeが出てきた頃だっていろいろと反対してたはずなのに対応ができなくなってきたら、いかに活用するかを考え始める。ソフト面の音楽を作っている人たちは、作ることへの探究心はすばらしい人たちが多いのは知っているけど、ハードに関してはそれ専門の人たちに任せっきりな人もいるのは事実。

もうアーティストが音楽作ってれば売れるって時代でもないと思うんだけどな。

 

今の音楽業界の流れとしては興行に関わるお金が必要になってきているのは充分承知しているし、だからこそ興行で嫌な思いをして欲しくないって気持ちから発言するってのもわかるけど、それだけじゃね。

音楽の力は変わらないってはわかってるけど、音楽を伝える方法は常に変わっているってことにもっと敏感にならないといけないんじゃないかなと思ってます。