おいしい諸行

すべては無常

【スポンサーリンク】

アラサーの男だってヨガにはまるし、一度やっておいた方が良いからやっとけ!

こんばんは やそはらです

 

いきなりですが、アラサーからそろそろアラフォーに近くなる年齢でしかも男であるやそはらではありますが、ヨガにはまってます!

通い始めて一ヶ月くらいしかたっていませんが、とにかく楽しい!

 

通っているところは、ローホットヨガと呼ばれる分類です。

よく言われるホットヨガが温度38〜40度、湿度60%くらいに対して、ローホットは温度30度、湿度40%くらいに保たれています。スタジオに入るとちょっと暑いくらい。体を動かしだすとすぐに汗をかきはじめるくらいです。もともと汗をかきやすい体質なことと体に包まれた脂肪のヒートテックことミートテックに包まれているせいで、他の人よりも汗をかいているのは事実です。なんとかしなきゃミートテック。

 

ヨガの良いところというのは、自分の体の可動域を少しずつ動かしていき体の使っていない部分を動かせるようにしていけるということです。特に下半身を中心としたプログラムへの参加が多いのですが、足の指の関節やアーチ、足首、股関節など細かいところから大きな関節までいろいろなアプローチを行っていきます。

そして一ヶ月くらい続けていくと、それなりに自分の体の中でわずかではありますが何かしらの変化を感じるようになってきました。

 

最初はバテバテになりながらやっていたポーズができるようになった。

曲げられなかった関節が前よりも曲がるようになった。

ポーズへの意識のいれ方に変化がでてきて体の動きを感じられるようになった。

 

とにかく自分の中でのいろいろな発見が生まれて楽しいです。

そして、ヨガを初めて感じられたことで一番良かったことは瞑想の時間の素晴らしさです。これはたぶん別の機会で書き残しておこうと思っていますが、今のうちに言えることは、ヨガの締めくくりが素晴らしいということです。

ヨガのプログラムの最後に、疲れをとるポースとしてシャバアサナというポーズを行います。これは単純にマットの上に仰向きになって、目を閉じ、ただただマットに身を預けるだけです。

疲れた体で何も考えずマットの上で呼吸を続けると自然と頭の中がスーッとしてきます。頭の片隅に残っていた自分の生活の中での嫌なことや悩んでいたことなどを、何もかも考えなくて済む瞬間が必ずあります。

世間的にマインドフルネス思考がもてはやされていた時期がちょっとだけありましたが、ヨガを行っていれば、それがいかに素晴らしいことを体験できます。

幸いにも昔に比べてヨガスタジオは女性だけでなく男性にも入りやすいようにと環境を整えているスタジオが増えています。そして体験レッスンみたいなものをどこもやっています。とりあえず一回だけでもヨガを体験してみると男性でも行って良いんだということがわかるはずです。

ぜひぜひ体験してみてくださいー

 

ではまたあした!