報われようと報われまいと

30代でも男子でいたい

【スポンサーリンク】

マンガ業界の人たちは、youtubeが出てからの音楽業界の歴史をたどろうとしているのか?

news.yahoo.co.jp

なんだかなー
まぁ海賊版サイトがいろいろとダメなことはわかってますし、基本的には使ってません。年齢的にお金を使って読みたいって気持ちが強いです。ただ使ってないとはいえません。ちょっと試し読み感覚で使ったことはある。
ただこれだけは言えるよ。漫画村が公式非公式問わずにあるマンガをただで読めるサイトの中でダントツに読みやすい。だからこそ使うんじゃないの?
ほかのマンガをタダで読めるアプリって逆にウイルスじゃないかってくらいに広告が入ってたりするから誰だって嫌になると思うんだけど。

今から15年くらい前からyoutubeがで始めたころの話になるけど、当時は非公式な音源がわんさかあって、もちろんそれ以前にwinny?みたいな違法ダウンロードみたいな方法があった中でのyoutubeは映像が簡単に見ることができたりしてこれは楽しすぎるよなーなんて思って見てた。もちろん当時は違法なんだろうなって思ってたけど便利な方が上回っちゃうんだよね。
そんな状況に異論を唱えたのは音楽業界なんだけど、この時期くらいからCDの販売数が激減していて、その原因がyoutubeなどのサイトが主な原因としてCDにガードをかけたりして、買ったCDが自由に使えなかったりして逆に不便になっちゃって余計にCDが売れなくなっちゃったって記憶がある。
結局、音楽業界の中で音楽以外のことでアンテナ感度の高いアーティストがyoutubeを有効活用しだして次第に業界全体がCDを販売する路線からほかの方法を模索しているような状況になってる。

じゃあマンガ業界はどうするんだろうね?
出版社と編集者と漫画家の関係性も少しずつ変化していくだろうし、マンガを読む手段が紙からデジタルに変わっているけど、それ以上にマンガを楽しむ手段が増えるかもしれない。
あくまで消費されるのはマンガだけど消費する手段は様々だし、少しでも便利に使いたいのがユーザーの心理では?もちろんアーティストや作家のファンは、お金を落として応援したいって気持ちがあるからマンガを買って応援みたいな活動をしているけど、ミュージシャンはCDを販売するスタイルからライブや物販の販売に力を入れているんだから、マンガ家だってマンガを買ってもらう以外の収入を得る方法を考えた方が良いんじゃないかな?
もちろん大手の出版社や大御所マンガ家はそういったことを当たり前にやっているだろうけど、まだまだ方法があっていても面白いと思う。

どんな業界だっていんたーねっとが出てきてから、商売のスタイルてのは徐々にか革新的にか変化しているのは事実なんだから、王道を貫いてきたスタイルが正義であり続けるって世の中ではないことはわかってる。でもそれをくずすのが難しいよね。

まぁ自分の働いている業界もそんな状況だからなー
どうやって正義じゃない方法で成功していくのを考えていきたいけどなー