報われようと報われまいと

30代でも男子でいたい

【スポンサーリンク】

美味し物を後から食べる人が貯金に向いてる気がする。異論ある。

お題「貯金の方法」

 

f:id:hara8so:20180611223637p:image

 

こんばんは

お題で書いてみようと思います

貯金の方法って1番手取り早いのが先引き貯金ですよね。

いわゆる給料が入ったら先に決められた金額を貯金に回すやつ。どう考えてもこれが1番やりやすいのよ。残った金額を貯金なんて絶対に残りません。

これって弁当とかで美味しいものを後で食べる感じに似てると思うんです。

 

楽しみは後にとっておくのが良い

貯金することの一番の意義は貯めておいたものを使うという楽しみです。

ここでの使うっていうのは、何かを買うでも投資をするでも貯金額を見てほくそ笑むでも構いません。楽しみのためにはある程度の時間が必要です。

つまり楽しみを後回しにすることなんですね。

ただ後回しにしたことにより楽しみの度合いは膨れ上がっているはずです。

貯金をせずに使ってしまうのは、楽しい部分はあるでしょうが楽しさの度合いが低い気がします。

 

お弁当で楽しみな唐揚げを食べきった先にあるもの

例えば幕の内弁当を食べるとします。

そうすると色んなおかずがあって楽しいかもしれませんが、自分の中で1番楽しみな唐揚げは一個しかありません。

そこで考えるのは唐揚げをどのタイミングで食べるのか…

好きなものを先に食べるのか後に食べるのかは人それぞれ意見があると思います。

しかし一番の楽しみが終わった後のお弁当って楽しみが半減しませんか?

この楽しみを最後にとっておく感じが貯金の先引きに似ているんです。

 

最後に美味しい思いをするために

ちょっと無理やりにつなげてしまいましたが貯金というのは楽しみにの後回しに似ています。

最後に美味しい思いをするのは自分です。

さらに楽しみを倍増させたいのならばぜひぜひ貯金をー