報われようと報われまいと

30代でも男子でいたい

【スポンサーリンク】

一人暮らしの防災対策はどこまでしておけば良いのかを考える「心構え編」

今週のお題「わが家の防災対策」

おぎです。
今週のお題でも書いてみます。「わが家の防災対策」です。

わが家と言っても一人暮らしのおっさんなので個人的な防災対策としか言いようがないですね。
何をもって防災対策すれば良いのかをいくつか考えてみました。

一人暮らしゆえの災害時問題

まずもって一人暮らしをしている人の多くが実家から離れたところに住んでいるという点です。
そうなるとご近所付き合いはほとんどしていない人が多数です。
災害時というのは避難所なんかに行くことになりますがご近所付き合いが少ないといざという時にどこに行ったら良いのかなどの情報が自分でしか調べることができません。
避難所なんかの情報は引っ越しした時点で、調べられる情報なので事前に頭にいれておいた方が良いです。

何を準備しておけばよいのか「心構え編」

引っ越しした際に、引っ越し先から渡される冊子の類にもしもの時の防災情報が乗っている紙があるはずです。
とにかくこれを大切に保管・・・ではなく! ある程度頭に入れておいた方が良いです。こんなのはいざという時に調べている余裕はありません。むしろ保管しておくべきなのは自分の身を守るためのものが中心になるのでそちらを優先してください。
頭にいれおくべきなのは災害時の避難場所と、ハザードマップがある場合に何の災害に弱いかを把握しておくことです。
雨なのか地震なのか風なのか、地域によっていろいろと弱い部分があると思うのでどの場合が危険なのかは把握しておきましょう。

いざという時に頼れる人が近くにいるのが一番なんだけど・・・

本当はこれに限るんですよね。
お隣さんとか同じフロアの人とは顔見知りくらいになっていた方が良いと思います。ただし女性の場合はいろいろリスクが高いのでそこらへんの見極めは難しいです。
ただいざという時のために、普段から挨拶くらいはできる関係でいたほうが良いのではーっと思ってます。

いかがでしたか?
今回は心構え編でした。
あとはなにをもの的な部分で何を用意しておくべきかを書き残しておこうと思います。次回にね。


それではー