原山のこと

30代でも男子でいたい

【スポンサーリンク】

KPIマネジメントで自分のやりたいことが達成するための指標を作ろう

原山です。

いま自分の中でやりたいこと・やり遂げたいことがあるのですが、達成されないままにもう5年以上経ってます。
まぁやらなくても充分に生活できてしまっているようなことではあると思うからやってないというのもありますが、それを達成すれば自分がもうちょっとレベルアップできるんじゃないかなと思っているようなことです。

こういう時によくあるのが
・英語を勉強する
・ダイエットする
みたいなことです。多くの人がよく考えることですよね。

自分も何回はやろうとして行動してるんです。ただ結果が出てない。
とりあえずスタートさせてゴールに到達する前にやめちゃっているのが現状です。

でもせっかく元号の変わったし今度こそ達成したい!

f:id:hara8so:20190502120042p:plain

そう思って目標設定の仕方をもうちょっと考えたいと思いKPIマネジメントを使ってみようと思いました。

KPIという考え方は、ビジネスの世界で使われる考え方です。とはいえ使いこなしている人も少ないようです。
少しでも理解を深めて達成に向かっていきます!

KPIとは、Key Performance Indicatorの略で目標達成のための活動の指標のことです。
KPIと比べてキーワードとしてあげられるのが、KGI(Key Goal Indicator)です。こちらはゴールと書かれている通りに達成すべき目標のことです。

ざっくり言うと目標達成にために活動することを数値目標として作成することですね。
英語の勉強で言えば、1日に単語を◯個覚えるみたいなことです。

このKPIマネジメントを作成する流れはこんな感じです

  1. KGI(達成したい目標)の確認
  2. 目標と今の自分のギャップを確認
  3. ギャップを埋めるためにすべきことのリストアップ
  4. リストアップしたことを絞り込む
  5. 目標とする行動を設定する
  6. どうやって実行するのかを決める
  7. できなくなった場合にどうするかを先に決めておく
  8. 達成リストを作成
  9. 実際にやる!
  10. やってみて改善すべきことは改善して継続!

このリストは読んだ本の内容を自分なりの言葉にしています。


特に重要なのは、やるべき行動の数値目標は1個でシンプルにすることです。
そしてその数値は自分でコントロールできてすぐに集計ができるような数値が良いです。
英語なんかの場合は目標を、TOEICで〇〇点!なんてあげることが多いですが、それはあくまで最初のKGIの目標になります。それを達成するために日々何をするかの行動目標がKPIなので勉強する時間とかページ数なんかが良いですよね。

あとは最初からできなくなった場合の対処方を考えておくことです。予定より進んでいない場合に何をして取り戻すかを決めておくことですね。勉強系なんかは予備日を作成しておくとかが良いんじゃないかと思います。あるいは日にち単位で進めるのか週単位で進めるのかなど自分で進めやすい方法を決めておくことは重要ですね。僕は予備日を作っちゃうとやらなくなる可能性があるので1日の目標と週単位の目標を作成して調整しています。


とにかく、ざっくりとした自分のやりたいことは、それを達成するために行動する指標を作って達成に向かっていきましょうってことです。

令和の年こそダイエットと英語を頑張るぞ!


最高の結果を出すKPIマネジメント

最高の結果を出すKPIマネジメント